庵の人々_01_Every Little Thing

2015年4月、タンポポの綿毛がふわふわ飛ぶ頃、東京都大田区の河川敷、雨よけを加味して橋の下に建ててある庵。Kさんは気さくでよく喋るタイプ。北海道出身で55歳、ここに住んで1年、タバコはメビウスの10mmロングを吸う。酒は飲まずコーラが好き。ケンちゃんと呼んでいいよと言われた。

 

廃品回収に精を出しており、機械いじりが好きなようで、庵自体が小さな工房のようになっている。「こんなもの拾ってきた」と、どんどん自分が集めたものを紹介してくる。「カメラやっているんだったらこれどうだ?これもまだ使えるだろ?俺使わねえから。」と勧めてくるので、私はほぼ新品のチェキ1台と、電子辞書をもらってしまった。

 

驚いたのは、発電機3台とストーブ3台を持っていたことだ。夏は発電機を使ってダクトから庵の中にクーラーを効かせているらしい。軽く衝撃が走った。今まで結構な人数を取材してきたが、どの人も夏の炎天下の河川敷、蒸し風呂のようになる庵の暑さに苦しめられていた。まさか冷房をつけている人がいたとは。上には上がいる。固定観念は打ち砕かれる。

 

庵の中を見せてもらう。そこかしこに、私にはガラクタにしか見えないのだが、様々な機械部品が転がっている。Kさんは、「良いコンポを拾ってきた」と言い、スイッチを押すと、突如爆音で音楽が流れ出した。「音質が良いんだよ」と言い、音量をさらに大きくする。「ちょっと音大きすぎませんか!?」私の方が周りを気にして焦ってしまった。静かな河川敷でごちゃごちゃと家電製品に囲まれ、大の男2人が狭いところ、ELTのFor The Momentを爆音で聴いている。

 

“これほどにひとを好きになること今までなかったから
潤してほしい この熱い身体 ずっと抱き締めていて”

 

この上なくあっけらかんと、場違いな歌詞が鮮烈に耳に入ってくるのであった。

東京都大田区 2015

東京都大田区 2015

Deep in the mountain in India → Tokyo station

インドの深い深い山奥で二人に出会った。

Kengo and Yumi (b.1984, b.1983 Japanese), Kheerganga, India, May 14, 2017 

 

丸ノ内epSITEでの僕の個展の最終日に駆けつけてくれた。旅、縁、時間、移動。

そして春になり2人はまた新たな旅を続けて行く。

Kengo and Yumi, Tokyo, Japan, January 20, 2020

STORY (solo-backpackers→marriage→family(with baby)

それぞれ最初はソロで旅をしていた2人。

Yuki (b.1987 Japanese), McLeod Ganj, India, October 4, 2016

 

Polly (b.1989 British), McLeod Ganj, India, October 17, 2016

 

Polly (b.1989 British), Arambol, India, February 20, 2017

 

Yuki (b.1987 Japanese), Vashisht, India, June 3, 2017

 

Yuki, Polly, and Ryo (b.1991 Japanese), Kanagawa, Japan, January 6, 2019

 

Yuki, Polly, and Maya (b.2019 Japanese-British), Yamanashi, Japan, November 11, 2019

旅中出会い、恋をし、結婚をし、子供が生まれ、これからは家族の旅が続いていく。

Couple along the way

旅中、200人程の旅人を撮ってきたが、 例えばこのカップルはイスラエル人とパレスチナ人だった。

 

Suzan and Jonathan (b.1990 Palestinian, b.1994 Israeli), Kasol, India, May 6, 2017

 

 

このカップルはチェコ人とスロヴァキア人。旅中出会い恋に落ちた。歴史的背景は色々あれど、恋愛に敵対国、政治問題、国境はないなあと思った。

Daniel and Gabriela (b.1974 Czech, b.1987 Slovak), Thivim, India, April 10, 2017